函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    日本の居酒屋 酒場 スナック バー

    函館のマリオです。

    先日、
    銀座ライオン 大通地下街店。

    DSC06273

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日のワンツーチィさんの後、道民割りを利用した施設
    でもらった「泊まってスマイルクーポン」6千円分。

    使えるお店で1番近かった「銀座ライオン」さんに、妻と
    2人でやって来ました。

    本当は大正3年生まれの「狸小路店」に行きたかったん
    ですけどね。

    クーポンが使えるライオンさんは、ここだけでしたので。

    DSC06264

    メニュー。

    お腹に黒胡麻と豚チャーが、たっぷりと
    残ってるのでビールだけ。

    妻は適量しか食べてないのでつまみが必要
    なんですって。

    ですよね~。

    DSC06263

    ホール内。

    10年以上前に羽田空港で利用して以来のライオン。

    年配の方が静かにビールを飲むところな印象。

    似合う年ごろになってきました。

    はこばれてきます。

    DSC06267

    マリオと妻のエビスと枝豆とフィッシュアンドチップス。

    2人で6杯飲んで、5.137円。

    豊平区に住んでたあのころ。

    なにもこわくなかった。

    DSC06265

    乾杯。

    娘たちを迎えに行こう。

    ジジババにおもちゃ漬けにされてる
    娘たちを。


    銀座ライオンで1up


    銀座ライオン 大通地下街店
    札幌市中央区大通西2丁目
    さっぽろ地下街オーロラタウン
    011‐231‐2771

    DSC06274

    帰り道に八雲で縄文スタンプラリー。

    縄文感がなまら薄いけど。

    すごいぞ、木彫りぐま。

    DSC06299

    次回は、
    函館市昭和@そば処 伸玄!!

    鬼平、犯科帳編。

    函館のマリオです。

    先日、
    旬の味 ご馳走亭。

    DSC05872

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の夕食は、
    娘たちを母親に見てもらって
    妻と2人で本町に来ました。

    個室があるお店とのことで「ご馳走亭」さんです。

    ここで幟に書いてた「ガラビー」についても解説。

    DSC05874

    全室が個室席。

    実際にガラビーは飲んだことがないけど、とても
    熱のこもったカクテルだということは知ってる。

    知ってるつもり。

    つもりの話はそこそこに。

    DSC05879

    お通し。

    で、さっそく「ご馳走亭」さんと全く関係ない話。

    この後カラオケに行ったんですが、なんだか最近の
    若い方の音楽って凄いクオリティですよね。

    1曲の中にたくさんのアイディアがある。

    DSC05888

    マガジンスペース。

    そして聞いててパッとジャンル分けできない。

    古臭い聞き方をしてるんだなってことは、
    わかるんですけどね。

    あと歌詞も難しい言葉が多い。

    DSC05882

    串盛り。

    「イレギュラー」なんて普通、叫ばない。

    でも考えてみたら若いころ「オンリ・オンリ・
    オンリ・オンリ・オンリ」とは叫んでた。

    恥ずかしくなかった。

    ここからが本題。

    DSC05881

    活イカ。

    上の娘が「ゲゲゲの鬼太郎」にハマったきっかけで
    知った「50回転ズ」。

    もう15年以上の活動歴があるのに全然知らなかった。

    ちょっと恥ずかしいけど。

    めちゃめちゃよくないか。

    DSC05877

    乾杯。

    妻に教えますが。

    2人で「イレギュラー」って結局。

    叫びました。


    ご馳走亭で1up


    旬の味 ご馳走亭
    函館市本町11ー8
    0138‐56‐6888

    DSC05892

    次回は、
    上磯イオン@どん太鼓!!

    ロゴが、鬼滅っぽい編。

    函館のマリオです。

    先日、
    松前町の居酒屋こはる。

    DSC05395

    初来店。
    地図はコチラ

    この日は、松前町の居酒屋こはるさんに
    飲みに来ました。

    古い友人と2人。

    松前の夜を案内してもらいます。

    DSC05397

    小上がり席。

    その時は小春さんじゃありませんでしたが
    お店自体は20年以上ぶり。

    この席で、鬼籍に入った友人の悩みを聞き
    流してた思い出も蘇る。

    でも懐かしさはあまり感じないな。

    DSC05398

    おしながき。

    焼き鳥等の居酒屋料理はなぜか
    背表紙に載ってます。

    松前町の居酒屋は食事がメインだから
    ガッチリ飲むならスナック。

    そのスナックにも地殻変動が起こって
    たけどその辺りは割愛だ。

    DSC05406

    カウンター席。

    近況報告もそこそこに。

    畑談義。

    鹿に遭遇した話を披露。

    DSC05402

    ルイベ。

    受け継ぐつもりはありませんが、20年。

    いや、10年経ったらどうなってるんだろう。

    あの畑達。

    DSC05404

    串盛り。

    費用対効果で語れない田舎の年寄りと
    畑の問題。

    積極参加するのにも子供ならではの
    理由がある。

    DSC05400

    乾杯。

    キンキンに冷えたジョッキ生は、
    美味い。

    翌日も早朝からお手伝い。

    後、2件だけハシゴ。


    居酒屋こはるで1up


    居酒屋こはる
    松前郡松前町字松城32
    0139-42-3710

    DSC05419

    道の駅で日曜に30分だけ開催されてる朝市。

    実際には開始15分が勝負。

    眠い。

    DSC05429

    次回は、
    ハセガワストア@やきとり弁当カー!!

    俺たちの、山本書店編。

    函館のマリオです。

    先日、
    酒の丸善 瀧澤商店。

    DSC05075

    約7年ぶり2度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の暗くなる前の時間、瀧澤商店さんに入って
    みました。

    オヤジさんに連れて行ってもらって以来です。

    懐かしい。

    DSC05068

    エビスの小瓶は黒ビールで、350円。

    私も当時の「鼻さん」より、だいぶ年上になって
    しまったわけですが。

    きっとお互い、今は「紳士」に成長したことでしょう。

    間違いありません。

    DSC05069

    ホワイトボードのメニュー。

    若松町の紳士達も集うこのお店。

    てか、昼から営ってる角打ちの店って
    もっとあればいいのに。

    特に「美原」に欲しい。

    DSC05067

    店内。

    でも、昔ながらの酒屋ってもうないのか。

    この場合、「昔」のニュアンスも違っちゃう
    んでしょうけど。

    ほどほどに酔い続けるって、もう難しいからな~。

    DSC05071

    話しに割って入れなかったので、松前城を肴に。

    見てください、この雄姿。

    子供でもすぐ書けるシンプルなデザイン。

    建て替えなくてよかったよ。

    DSC05073

    黒リフト。

    キリッと冷えた瓶ビールは、
    美味い。

    しかも立って飲むと、酔いが遅い。

    アウェー感のせいかも。

    もう一杯、グッと我慢して。


    瀧澤商店で1up


    酒の丸善 瀧澤商店
    函館市若松町19‐7
    0138‐22‐3623

    DSC05105

    次回は、
    函館市末広町@カリフォルニアベイビー!!

    ザ、シティ編。

    函館のマリオです。

    先日、
    居酒屋 がたろ。

    DSC02075

    7年半ぶり2度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の夕食の準備中、昔の友から飲みの誘い。

    10も年下の友ですが。

    「昔の友は今も友」ということで、ルイさんに無理言って
    久しぶりの「がたろ」さんでした。

    DSC02082

    メニュー。

    こういう出方って初めてなので、ワクワクします。

    子供が小っちゃい時は、1ヶ月前からの根回しが
    必要だったからな~。

    DSC02081

    店内。

    コロな状況ですが、熱心なファンで込み合ってます。

    これは本町の「奇跡」。

    他にも何店か伺いましたが、見事なもんです。

    DSC02078

    ボトルと氷とお通し。

    ユルイという言葉で、ちょっと片付けられない
    独特の空気感。

    タクシーの運ちゃんに言っても、伝わることは稀だから、
    そういった集まり方をする場じゃないんでしょう。

    DSC02080

    乾杯。

    あの時、俺たちは若かった。

    でも今はね。

    友だけ、「キラキラ」してた。


    居酒屋 がたろで1up


    がたろ
    函館市五稜郭町1-6
    0138-52-7837

    DSC02098

    次回は、
    北斗市七重浜@中華そば 櫓屋!!

    兄ちゃんの好きな、ラーメン編。

    このページのトップヘ