函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    函館 パン屋

    函館のマリオです。

    先日、
    キングベーク本店。

    DSC09374

    1年ぶり20回目の登板。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は、いろいろ迷ってたどり着いた
    キングベーク本店さん。

    新しいスターバックスを予定してたんですが。

    思いの外混んでいて。

    1人で入れなかったワケです。

    DSC09378

    慣れてる店内。

    細かいとこは見なかったんですが、高額なパンが
    増えてると「ランパスの女王」がおしゃってました。

    そうなのかな。

    400円台でお腹いっぱいになれるのも、キングの
    魅力の一つなんですが。

    DSC09377

    カフェメニュー。

    ナポリタンとか久しく食べてないし。

    キングのナポって初食じゃないかな。

    コーヒーも勧められたのでそれもお願いします。

    DSC09379

    ベーカリーカフェ。

    そういえば「ランパスの女王」から。

    スタバの近くに新しいパン屋さんができるという。

    噂を聞きました。

    DSC09380

    調味料と絵本。

    ちくわパンで有名な「アノ」お店と、石化した
    アンパンマンがエントランスにある函館の有名店の
    コラボ店なんですって。

    (ホントかよ)って聞き流しましたが。

    プルッとポケベルが鳴って、取りに行きます。

    DSC09382

    マリオのスパゲティー(ナポリタン)。

    税抜き、599円。

    この時まだ。

    気付いていません。

    DSC09383

    粉チーズをバシッと振ります。

    ケチャッピーな見た目ですが、こういうのに限って
    あっさりしてるんですよ。

    まだまだ気付いていなかったんですが。

    DSC09384

    リフトアップ。

    食べたことがある、ケチャップ全開なインパクト味で、
    美味い。

    一口で満足感。

    スパゲティーって今、大きい曲がり角にきてる
    気がします。

    根性で完食。


    キングベークのナポリタンで1up


    キングベーク 本店
    函館市亀田本町7-8
    0138-45-0963

    DSC09406

    次回は、
    函館市昭和@中国料理 幸珍!!

    続、変な丼編。

    函館のマリオです。

    先日、
    パン&ケーキ エトワール

    DSC09227

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は、桔梗駅前のパン&ケーキ
    エトワールさんで求めます。

    この近くにあるという、桔梗庵さんの情報も得てみたい。

    当初はそういう目的でした。

    DSC09222

    外観とさほどギャップは無い店内。

    でも年季というよりも「ぬくもり」を感じる。

    日差しのせいかも知れないな。

    トングをつかんで。

    DSC09223

    パンコーナー。

    ひとつひとつ包んであって衛生的。

    お会計する時には結局包むんだから、
    効率的でもあります。

    色々と取りたいのを我慢して。

    DSC09224

    総菜パンのケースへ。

    お店の力量に直結しないことがほとんどですが、
    フィッシュバーガーが好き。

    年のせいもあるけど、おじいちゃんが漁師だったから
    仕方がない。

    ドリンクも1本摑まえて。

    DSC09226

    角食とその他。

    ふと考えました。

    道南ならではのフィッシュバーガーなりサンドとか。

    最近豊漁なブリを使って作れるんじゃないか。

    薄衣のソースカツで、わさびマヨたっぷりのやつ。

    買って近くの公園へ。

    DSC09230

    マリオのエトワールのパン。

    パンだけだったら、355円。

    ホントは桔梗駅内で食べたかったんですけど。

    妙に混んでたので。

    ラップをむきむきして。

    DSC09231

    リフトアップ。

    ふかふかのパンが、
    美味い。

    最近桔梗にも深い縁ができたので。

    また来たい。

    普通に美味しいエトワールさんでした。


    エトワールで1up


    パン&ケーキ エトワール
    函館市桔梗4-3-36
    0138-44-3607

    DSC09252

    次回は、
    函館市松陰町@手打ち蕎麦きたわせ‼︎

    こっちは、裏口でした編。 

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC08761

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    29年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第23回は、
    若松町の「宝来パン」さんを目指します。

    DSC08763

    本文の一部。

    店主さんの「これだけ物が豊かになった世の中で、
    パンはほんの一部の食べ物。権威的なものでもない
    ので、おいしいとかおいしくないとか論争するのは
    無意味。物資不足になって日本人が求める究極は、
    〝お茶漬け〟〝たくわん〟にある」の言葉。

    長いし、特に響く内容をおっしゃってはいませんが。

    函館食べたい読本ってほんと。

    職業倫理についても「深く」考えさせてくれる。

    だから惹きつけられます。

    そして2019年8月某日、「宝来パン」さんは。

    DSC08762

    その歴史に幕を下ろしてました。

    一抹の寂しさを胸に。

    次の掲載店へ。


    宝来パン
    函館市末広町7番15号
    0138-23-XXXX


    蛇足ですが...閉店して10年近く経つそうですが近くの
    ラッキーピエロの早番スタッフさんは、営業してると
    思ってるので注意。

    函館のマリオです。

    先日、
    あすなろパン工房 知内店。

    DSC07738

    パン屋さんになってからは初来店。
    地図はコチラ

    昨日のかじやさんの後、実家に1泊して
    朝になったらナコが発熱。

    急いで函館にもどる途中で、なにか運転しながら 
    食べられるモノはないかとあすなろさんに、イン
    しました。

    DSC07733

    房内。

    ヤママルさんだった時の面影はこれっぽっちも
    ございません。

    ちなみにその時の投稿はコチラ

    ナコは2歳でしたよ。

    DSC07740

    テラス席。

    松前郡にはパン屋さんがないから素直に羨ましい。

    他に知内町で飲食できるお店は、蔵やさんと川波さんと
    清ハさん知内番屋さんポエムさんしかないし。

    いや、けっこうあるな。

    DSC07737

    イートインスペース。

    ヤママルさんもそうですが、だいかさん
    きもとさんの喪失感が。

    知内の飲食店が少なくなったって、思わせます。

    支払って外へ。

    DSC07741

    マリオのあすなろパン。

    3つ合わせて、300円。

    塩焼きそばと焼きピロシキとちくわの構成。

    DSC07743

    リフトアップ。

    遠くから聞こえるサブさんの歌も、
    美味い。

    一口食べて、急いで車へ、函館へ。

    保険証を取りに。


    あすなろパン工房で1up


    あすなろパン工房 知内店
    上磯郡知内町湯ノ里48

    DSC07794

    次回は、
    函館市東山@ジョリージェリーフィッシュ‼︎

    ステーキの厚み、編。 

    函館のマリオです。

    先日、
    パン工房 エルパン・リコ。


    DSC06693

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は北斗市のエルパンリコさんで
    調達。

    お昼に北斗フィッシャリーに乗り込むつもり
    でしたので。

    あくまで軽くいただく算段でした

    DSC06688

    店内。

    ほがらかなマスターが迎えてくれます。

    焼きたてのパンがはこばれてきて。

    DSC06686

    冷ケース。

    焼きたてっつっても、それは天板から
    ダイレクトにトレー。

    エンドユーザーとしてはこれ以上ない
    シチュエーション。

    DSC06691

    マガジン等スペース。

    気になってた店名についても聞いてみます。

    マリオ「エルパン・リコさんってコレ、
    メキシコ語ですか?」

    マスター「スペイン語なんですよ~」

    マリオ「でしたよね~」

    DSC06689

    レール付カウンター。

    マリオ「ちなみにエルパン・リコって
    どんな意味なんですか?」

    マスター「豊かなパンって意味ですよ」

    マリオ「なるほど、ならず者ルチャドールですね」

    マスター「それはエル・デスペラード」

    マリオ(関係者かな?)

    買って食べるところを探します。

    DSC06695

    マリオのパンリコのパン。

    クロワッサンの袋も別に買って、520円。

    焼きたてを天板→袋→ボラードを経て、
    いただきます。

    DSC06697

    リフトアップ。

    焼きたてフカフカで、
    美味い。

    中のポテトの淡い味わいもまた。

    ちなみにフィッシャリーはこの日。

    貸し切りで入れませんでした。


    エルパンリコで1up


    パン工房 エルパン・リコ
    北斗市東浜2-18-28
    0138-73-7203

    DSC06712

    次回は、
    北斗市東浜@スープカリー ギャラップ!!

    カレー、症候群編。

    このページのトップヘ