函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    函館 デカ盛りグルメ

    函館のマリオです。

    先日、
    中国料理 中和廊。

    DSC07425

    約6年ぶり2度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の昼食は「東山ラビリンス」を抜けて、
    山の手の中国料理 中和廊さんにやって来ました。

    やってなさそうに見えて「営業中」の札は掛かってる。

    やったぜ一番槍、とか思ったら。

    ちょっと降ってた雨が本降りに。

    DSC07429

    傘の置き場所に困りながらもメニュー。

    今年の個人的トレンド「カツ丼」にしようかと
    迷います。

    けど名物のムースールーも6年食べてない。

    フワッとは覚えてるんだよな。

    DSC07438

    店内。

    それで思い出したけど、知り合いの友達の
    お父さんのお店が中和廊さんだったから来た
    んですよ、6年前。

    「池D」、そうだよな。

    おまえ今どこにいんのよ?

    DSC07428

    小上がり席。

    あ、真ん中の下になんか映り込んでる。

    「池D」大丈夫なの?

    怖いことしてないか?

    DSC07430

    卓調。

    なんだ、レンズが曇ってたのか。

    全く、人騒がせだ。

    「池D」は。

    はこばれてきます。

    DSC07436

    マリオのムースールー炒飯。

    なかなかの盛りで、840円。

    なかなかっていうかメガ盛りじゃん。

    忘れてたよ。

    DSC07437

    スープリフト。

    スッキリとしていて旨味がある。

    今となっては絶対に食べきれない量ですが、
    負けたくない。

    あの頃の俺に。

    DSC07441

    リフトアップ。

    ムースーのコクと歯応えがさっぱり炒飯と
    相まって、美味い。

    美味いけど、多い。

    でも負けたくない。

    恐怖とはまさしく過去から~。


    中和廊のムースールー炒飯で1up


    ラーメン・丼物 中国料理 中和廊
    函館市山の手3ー21‐1
    0138‐53‐2096

    DSC07456

    次回は、
    渡島総合振興局@おしま食堂!!

    なんだこの、行列は編。

    函館のマリオです。

    先日、
    そば処 長寿庵 亀田港店。

    DSC06747

    約6年ぶり3度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、下の娘と一緒に亀田港町の
    長寿庵さんに来ました。

    いつも駐車場がパンパンな印象でしたが。

    なんか一瞬空いていて、滞りなく。

    DSC06749

    メニュー。

    函館のデカ盛り界を、牽引しつづける
    お店だということは覚えてます。

    頭では。

    内臓はもう忘れてる。

    DSC06748

    店内。

    店員さんと相談します。

    もり2枚はまず食べられないとのことで、
    大盛りを4歳娘と分け合うスタイルを提案
    してもらいました。

    なんか悪いな。

    DSC06754

    TANTANたぬき。

    娘用にツユも200円で追加。

    まあ、多少キツイかもですが。

    食べられるだろうって。

    なぜ思えたのか。

    DSC06753

    卓調。

    奥が大盛りの薬味とツユ。

    若くして鬼籍に入った、S野さんとのエピソードが
    10年越しで脳裏をよぎる。

    すごい怒ってたんだよな~。

    長寿庵の大盛り食べてきて。

    はこばれてきます。

    DSC06758

    マリオと娘の大もり。

    なにかの神様のようで、850円。

    並木藪蕎麦だったら12人前は取れます。

    決して誇張じゃなく。

    「やばいやばい」とは聞いてましたが。

    DSC06760

    リフトアップ。

    本当ににやばくて草、
    美味い。

    あましたら持って帰っていいんですって。

    なんですって~。

    DSC06763

    そば湯はポットで濃密タイプ。

    大盛りとはいえ1人前であんだけ茹でればね。

    真っ白になりました。

    娘よ~。


    長寿庵亀田港で1up


    そば処 長寿庵 亀田港店
    函館市亀田港町63‐5
    0138‐40‐0088

    DSC06786

    次回は、
    北斗市東浜@食事処 もがみ!!

    剥がして、シール編。

    函館のマリオです。

    先日、
    すきやきセンター。

    DSC05245

    6年ぶり3度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、「函館4大センター」の一つ、美原の
    すきやきセンターにやって来ました。

    ちなみに残りの3つのセンターは昭和と本通と金堀にある
    靴屋さんです。

    誰が言ってたんだかは忘れちゃったな。

    DSC05229

    ランチメニュー。

    裏面に「すきやきも是非ご賞味ください」と書いて
    ありますが、表面には「すきやき」の片鱗もない。

    ならば2つある、「牛」のメニューの高い方を。

    「丼」のほうが高いのか。

    DSC05242

    常連さんで混みあってた店内。

    喫煙可です。

    で、ちょっと調べたら昔、その「丼」にランチサイズ
    があって、ステーキランチと同じ値段。

    DSC05231

    マガジンラック。

    つまりその「丼」は大盛りのみレギュラーとして
    生き残って未だ、現役。

    この時その事実に。

    DSC05232

    卓カトラリー。

    気付いてませんでした。

    昔って、7年前ですからね。

    そんなには昔じゃないのかな。

    はこばれてきました。

    DSC05233

    ルイさんの日替わりランチ。

    この日は生姜焼きで、750円。

    上手く伝わりませんがこれも、充分過ぎる
    ボリュームなんですよ。

    DSC05235

    マリオのステーキ丼。

    なまら巨大な器できて、1.100円。

    これも上手く伝えられてないんですが。

    ラッピのダブルカツ丼のサイズですよ。

    DSC05236

    開蓋。

    おそらくお肉はステーキランチのダブル。

    丼すれすれに盛られたご飯の量も、一合の
    ダブルはありそう。

    晩御飯はあきらめて。

    DSC05240

    リフトアップ。

    ウェルダンですが柔らかで、
    美味い。

    タレの配分も絶妙で進むご飯。

    意外に食べれそう。

    食べら。


    すきやきセンターで1up


    すきやきセンター
    函館市美原1‐19‐11
    0138‐41‐0018

    DSC05278

    次回は、
    函館市戸倉町@めんぞう 笹浪家!!

    くろみその、余韻編。

    函館のマリオです。

    先日、
    萬福食堂。

    DSC07835

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日のえのぐばこさんの後、用事を色々と片付けてから
    お昼に来たのは亀田港の萬福食堂さん。

    入船の満腹食堂と混同されがちですが、こちらの萬は
    天然少女、萬のまんです。

    福もお腹じゃないな。

    DSC07824

    店内。

    永源ラーメンだったころの面影はちょびっとだけ。

    当ブログの1回目はここだったんだ。

    今も鮮明に覚えてます。

    もう7年前だ。

    DSC07823

    メニュー。

    萬福さんが昨年の4月にオープンしてたのも、
    ツイッターが軽く荒れてたのも知ってましたが
    なかなか来れないでいた原因は。

    デカ盛りのお店だという噂。

    もうね、あの時ほど食べらんないの。

    DSC07826

    ドリンクケース。

    40を過ぎて何年か経ちますが、胃腸が
    弱ってる感はないのに。

    味の濃いものやオイリーなものは、食べてて
    すぐ飽きちゃうんだよな。

    食欲の機能不全。

    名前を付けるとしたらこの症状は。

    DSC07825

    卓調。

    アペタイト・ディスファンクション。

    ADです。

    はこばれてきました。

    DSC07828

    マリオのニラレバ定食。

    3人前はありそうな盛りで、830円。

    ごはんはセルフでおかわり自由だそうです。

    DSC07829

    奴に醤油をかけて気持ちを落ち着けます。

    だが全然落ち着きません。

    よく噛んで食べることを意識して。

    DSC07832

    リフトアップ。

    レバーもたっぷりで、
    美味い。

    てか、レバーは豚1頭以上分入ってそう。

    味付けは意外に繊細。

    残したら持って帰れるみたいですが。

    レバニラを持って帰る勇気なんかない。

    DSC07833

    勝利。

    達成感も味のひとつだ。


    萬福食堂のニラレバ定食で2up


    萬福食堂
    函館市亀田港町37-1
    0138-83-1752

    DSC07856

    次回は、
    函館市入舟町@満腹食堂!!

    スープに浮かぶ満月、編。

    函館のマリオです。

    先日、
    あすなろパン工房 知内店。

    DSC07738

    パン屋さんになってからは初来店。
    地図はコチラ

    昨日のかじやさんの後、実家に1泊して
    朝になったらナコが発熱。

    急いで函館にもどる途中で、なにか運転しながら 
    食べられるモノはないかとあすなろさんに、イン
    しました。

    DSC07733

    房内。

    ヤママルさんだった時の面影はこれっぽっちも
    ございません。

    ちなみにその時の投稿はコチラ

    ナコは2歳でしたよ。

    DSC07740

    テラス席。

    松前郡にはパン屋さんがないから素直に羨ましい。

    他に知内町で飲食できるお店は、蔵やさんと川波さんと
    清ハさん知内番屋さんポエムさんしかないし。

    いや、けっこうあるな。

    DSC07737

    イートインスペース。

    ヤママルさんもそうですが、だいかさん
    きもとさんの喪失感が。

    知内の飲食店が少なくなったって、思わせます。

    支払って外へ。

    DSC07741

    マリオのあすなろパン。

    3つ合わせて、300円。

    塩焼きそばと焼きピロシキとちくわの構成。

    DSC07743

    リフトアップ。

    遠くから聞こえるサブさんの歌も、
    美味い。

    一口食べて、急いで車へ、函館へ。

    保険証を取りに。


    あすなろパン工房で1up


    あすなろパン工房 知内店
    上磯郡知内町湯ノ里48

    DSC07794

    次回は、
    函館市東山@ジョリージェリーフィッシュ‼︎

    ステーキの厚み、編。 

    このページのトップヘ