函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    函館朝市 無限1up

    函館のマリオです。

    先日、
    どんぶり横丁 一花亭たびじ。

    DSC06808

    初訪問。
    地図はコチラ

    この日の朝食は、函館朝市 どんぶり横丁の
    「たびじ」さんにやって来ました。

    だいぶ迷って。

    「ラッピ」か「いか太郎」か「岳」か。

    で、ラーメンの岳さんっていつ営業してるん
    だろう。

    DSC06821

    店外のコルクボードメニュー。

    仕方ないなとラッピに向かいかけた刹那。

    「帆立フライ定食」

    それにしても腹が減った、か。

    DSC06815

    カウンター席に滑り込みます。

    着席して早々に「活イカ」は品切れとの案内。

    みんな期待してるんだ。

    でも大丈夫、イカは思春期までに一生分食べて
    しまったし。

    DSC06813

    小上がり席。

    でも帆立のフライって、プロが揚げたのを
    食べたことがない。

    浜のホタテフライは「うろ」やら全てまる
    ごと揚げるし、型も大きい。

    子供の口に入りづらいし、噛み切るのも難儀
    した。

    DSC06816

    卓調。

    でも今は、そういうのが食べたい。

    やっぱ、嘘。

    だって砂とか噛むから。

    はこばれてきました。

    DSC06817

    マリオの帆立フライ定食。

    貝柱ばかり8個も盛り付けてあって、980円。

    小ぶりですけどね。

    上品です。

    DSC06820

    リフトアップ。

    貝の柱は、
    美味い。

    ソースの付け具合を工夫して。

    もう一、なんか品欲しくなるけど。


    どんぶり横丁のたびじで1up


    一花亭たびじ
    函館市若松町9‐18
    どんぶり横丁内
    0138‐27‐6171

    DSC06824

    次回は、
    ポールスター函館@豚の花道!!

    こういうのでいいんだよ、こういうので編。

    函館のマリオです。

    先日、
    函館朝市の海鮮や まるゆ。

    DSC02547

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、函館朝市のメインストリートにある
    「まるゆ」さんに来ました。

    娘たちと家にいることがほとんどの日々を過ごしてるのと、
    不惑を過ぎて畑作業を始めたというのもあって、久しぶりの
    函館駅前なんですが。

    DSC02530

    とんでもない状況。

    でも「腹が減ってはブログは書けぬ」というわけで。

    1Kの海鮮丼と外看板に書いてあった「まるゆ」さんに
    吸い込まれます。

    DSC02531

    店内。

    「まるゆ」さんと全く関係ないんですが、巣篭り期間の
    間に娘たちと一緒にハマったのが。

    「ゲゲゲの鬼太郎」第5期 全100話。

    今、旬な妖怪「アマビエ」もメインキャラで出演してます。

    DSC02532

    セルフのお茶お冷。

    声優陣やスタッフも凄いメンツなんですが、何が
    1番凄いのかっていうと。

    前振り一切なしで、唐突に打ち切りエンド。

    100話も見たのに「なんだこれ」って娘たちに言ったら。

    DSC02533

    卓調。

    娘(上)「また1話から見よう」とのこと。

    振り切って4期になだれ込んだけど「怖い」そうです。

    「憂歌団」が歌う主題歌。

    はこばれてきました。

    DSC02537

    マリオの1.000円海鮮丼。

    丼は小ぶりですが、しっかりとした作り。

    サラダも歯応えのアクセント。

    DSC02539

    わさび醤油を回し掛けて。

    DSC02541

    リフトアップ。

    マグロ、サーモン、海老、卵、ホタテにマダラのこっこが、
    美味い。

    お店の雰囲気も今風で入りやすい「まるゆ」さんでした。


    函館朝市のまるゆで1up


    海鮮や まるゆ
    函館市若松町8-11
    0138-76-7504

    DSC02567

    次回は、
    函館市若松町@仏壇!!

    数珠のあるある、言いたい編。

    函館のマリオです。

    一昨々日、
    お食事処 はこだて浪漫館。

    DSC01795

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の朝食は函館朝市のお食事処 浪漫亭さん。

    大きい看板には「かに市場」とありますが浪漫館が正式名称で、
    中のご飯が食べられるところが「浪漫亭」みたいです。

    妙齢のご婦人3人組に招き入れられて。

    DSC01785

    館内。

    ストーブに1番近い席に座ります。

    北海道の東の方は荒天でしたが、函館は
    雨が斜めに降った木曜日。

    月一で朝市には来てますが、今回は
    いつも通りじゃない。

    DSC01783

    この時間、お客様はほぼ誰もいなかった函館朝市。

    「新型コロナウイルスの影響で」、とか書きたくも
    ないんですけど。

    函館の飲食界は、出口が全く見えない状況。

    いつも通りとはいかないけど。

    食べに行きます。

    お腹すいてるしね。

    DSC01784

    メニュー。

    高い朝食になりますが、気持ち一つで旅行気分に
    浸れるから朝市は好き。

    でも30分100円の駐車場代が気になるんだよな。

    ゆっくりぶらぶらできない。

    DSC01788

    お土産コーナーに「あなたの恋」。

    食後に勧められますが、これは買えない。

    こっちを勧めたんじゃなかったのかも。

    DSC01786

    卓調とド派手なカレンダー。

    コッチの方面の方には、若い時からモテます。

    妄想で盛り上がってきたら。

    はこばれてきました。

    DSC01790

    マリオの三色丼。

    本来なら、1.800円。

    何も言ってないのに、2色丼のお値段にしてくれました。

    はいソコのあなた、突っ込まない。

    DSC01791

    かにリフト。

    ちなみに「かに汁」は+100円ですが、
    これもサービス。

    必要以上に、あったまるな。

    DSC01793

    リフトアップ。

    ガンゼは、
    美味い。

    歩くだけでも楽しいし、市民が歩けば変わる
    こともあるんじゃないか。

    函館朝市を。


    はこだて浪漫館で1up


    お食事処 はこだて浪漫館
    函館市大手町22‐22
    0138‐26‐4707

    DSC01691

    次回は、
    函館市本通@魚べい!!

    ソコの小中学生、帰りなさい編。

    函館のマリオです。

    先日、
    ハコダテ ヌードルズ 炎陣。

    DSC01044

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、函館駅に一番「近い」ラーメン店、
    炎陣さんにやって来ました。

    最近1周年を迎えたそうですが、知ってるだけで3店目の
    ラーメン屋さん。

    ちなみに次郎長さんだった時の投稿はコチラ↓


    ずん・どうさんだった時の投稿はコチラ↓です。


    名立たるお店が構えてました。

    DSC01054

    店内。

    近くで働いてる方々が大半。

    コロナの影響があるのか海外のお客様は
    いらっしゃらない。

    影響、凄かったんだろうな~。

    DSC01045

    メニュー。

    駅横にある「誠」提灯も人影は皆無。

    あの誠って何なの。

    社長の名前とかか。

    DSC01047

    マガジンスペース。

    それとも今年の漢字に選ばれるやつなんかな。

    響きや形は素晴らしいんですけどね。

    マコトって。

    DSC01046

    卓調。

    そういえば昔、羽賀研二が「誠意大将軍」って言いながら
    新選組の衣装を着てたのを思い出した。

    こういう違和感ってプラスに転じないんだけどね。

    はこばれてきます。

    DSC01049

    マリオの函館塩ラーメン。

    かわいいコックさんに見えなくもない盛り付けで、750円。

    このレンゲ、見たことあるな。

    DSC01052

    スープリフト。

    スッキリした油分と旨味。

    新函館ラーメンともまた違う。

    現代的な解釈。

    DSC01053

    リフトアップ。

    細麺ストレートのマッチングが、
    美味い。

    他のお客様は塩じゃなかった。

    美味しいのに。


    函館ラーメン炎陣で1up


    ハコダテ ヌードルズ 炎陣
    函館市若松町14‐10
    0138‐27‐2260

    DSC01069

    次回は、
    函館市昭和@焼きカレーとスムージーのお店・シーク!!

    スムージーって、どんな味編。

    函館のマリオです。

    先日、
    超特急食堂。

    DSC09760

    リニューアルされてからは初来店。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は、来週火曜日から始まる「山形・横手編」の
    お土産を函館駅で買うついでに、函館朝市にある超特急食堂で
    済ませました。

    道南の焼きそばを再評価する目的も、ちょいあります。

    それにしても。

    前に来た時と随分変わってるよ。

    「海鮮丼」の店になったのか。

    DSC09747

    店内。

    ちなみにリニューアル前の投稿はコチラ↓


    もういっちょその前の店で「忍者」と遭遇した投稿はコチラ↓


    これはシンカリオンで言うところの「進化理論」

    函館朝市で生き残るにはガラパゴスか、エボリューション
    なのでしょう。

    大変だ。

    DSC09743

    メニュー。

    目当ての焼きそばは健在。

    各地方にあるB級グルメと言えばまず思いつくのは
    焼きそば。

    全国に何十種類もあるわけですが。

    北海道の焼きそばといったら「やきそば弁当」しか
    考えられない印象。

    DSC09748

    気持ちは超特急。

    「小樽あんかけ焼きそば」なんかは論外です。

    松前漬け焼きそばもちょっと。

    ここで記憶に引っかかるのは「急行」の焼きそば。

    DSC09746

    卓調。

    舌の記憶にはないけど。

    「急行の焼きそば」って響きがミステリー。

    今だから、みんなで育てられる気がする。

    そんな道南グルメが、まだまだ。

    はこばれてきました。

    DSC09750

    マリオの超特急やきそば。

    並み盛りで税込み、700円。

    ニンジンのフチの「焦げ」が、いいな。

    ジャンル的には、焼きラーメンなのかも。

    DSC09754

    リフトアップ。

    パリッと淡口ツルツルで、
    美味い。

    各種野菜の歯触りも高い計算式。

    DSC09757

    ソースをちょっと加えても、美味い。

    朝食にもピッタリで。

    中華スープをマグカップで付けたら。

    もっと。


    超特急食堂の超特急やきそばで2upです。


    超特急食堂
    函館市若松町11-10
    0138-83-2306

    DSC09779

    次回は、
    亀田郡七飯町大中山@食事処 いけだ!!

    ピザか、あんかけか編。

    このページのトップヘ