函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    函館 スイーツ 洋菓子 和菓子

    函館のマリオです。

    先日、
    函館市縄文文化交流センター。

    DSC06421

    初訪問。
    地図はコチラ

    昨日の美味鮮さんの後、縄文スタンプラリー「7」
    スタンプ目にやって来ました。

    長い名前ですが、なぜか憶えやすい「函館市縄文
    文化交流センター」。

    狭い話で申し訳ありませんが、知人は誰も行った
    ことがない「交流センター」です。

    DSC06424

    券売機。

    属性云々抜きにして、それほどに土器は市民に
    日常的な存在といったところ。

    かな。

    建設現場に埋めて妨害するとか聞いたことがある。

    ほんとかよって。

    DSC06423

    受付にチケット、見学後にスタンプでした。

    道の駅併設の施設に「国宝」が収められてあって、
    300円で観られんだから行かない手はないんだけど。

    函館市中心部からは、ちと遠い。

    道の駅も食堂がないし。

    DSC06427

    展示室2。

    でも施設は立派。

    内容は他のスタンプラリーで行ったものとは
    大差ないけどね。

    それはともかく。

    DSC06433

    国宝の「カックウ」様。

    突然現れます。

    ジャガイモ掘っててこれが出てきたら、
    うなされそう。

    でも「得体の知れなさ感」が全然ない。

    なんでなんだろう。

    DSC06422

    見学後、道の駅縄文ロマン南かやべへ。

    あの感覚、なんでだ。

    国宝のまとってる「オーラ力」。

    少年時代に感じたことがある。

    DSC06436

    ソフトクリームリフト。

    娘たちは、
    美味しいって。

    土偶って太古のガレージキットなんじゃないか。

    破損個所はダメージ処理。

    女性を模したものが多いのは当時の萌え文化。

    捨てられたように発掘されるのは。

    中年男子の黒歴史。


    縄文文化交流センターで1up


    函館市縄文文化交流センター
    函館市臼尻町551‐1
    0138‐25‐2030

    DSC06455

    次回は、
    函館市昭和@丼と京風うどんのなか卯!!

    竈が、なくたって編。

    函館のマリオです。

    先日、
    トラピスト修道院のトラピスト売店。

    DSC061401

    初来店。
    地図はコチラ

    この日は夏休み初日。

    早くも暇を持て余した娘達を連れて、トラピスト
    修道院にやって来ました。

    道南にトータル30年弱住んでるのですが。

    こんなに画になるところと知らなかった。

    DSC061261

    トラピスト売店。

    かなりの数の観光客が来てました。

    けど特に、やることがない印象なトラピスト。

    神聖な場所ですからね。

    DSC061321

    店内。

    物販とソフトクリームはチェーンで
    区切られてます。

    ソフトの種類はコーンとカップが選べるのみ。

    飛ぶように売れてる。

    DSC061331

    受け取るカウンター。

    上の娘はカップを選択。

    これ、わかんないんですが父は絶対コーン派。

    同じ値段で、食べられないカップを選ぶなんて。

    どういうこと。

    DSC061361

    娘達のトラピスト特製ソフトクリーム。

    合わせて、760円。

    シルキーだからか溶けるスピードも尋常じゃない。

    でも、美味しいんですって。

    ちょっと。

    パパ、ティッシュ取ってくるわ。


    トラピスト売店で1up


    トラピスト修道院
    トラピスト売店
    北斗市三ツ石305‐5

    DSC061461

    この後、縄文スタンプラリーで伺った
    木古内町郷土資料館 いかりん館。

    案内していただいたスタッフさんのおかげで、
    なまら興味がわきました。

    これ、首をぐるっと回して5000年なんですって。

    しぇ~。

    DSC06168

    次回は、
    円山動物園@ダニーズ・レストラン!!

    ハーブと、そば粉編。

    函館のマリオです。

    先日、
    ガトーフレーズ。

    DSC01461

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日の函館税務署の後、この日はバレンタインデーという
    こともあってチョコを買いに来たのは富岡のガトーフレーズさん。

    私くらい「バレンタインに明るい思い出がない男」ともなると
    チョコなんて、あげる方にまわります。

    ちなみにここが「ままや」さんだった時の投稿はコチラ↓


    カフェみたいな食堂でした。

    DSC01458

    Gケースのケーキ。

    「くれぬなら、くれるでまとうチョコレート」じゃあ
    いつまで経っても、チョコはもらえないんですよ。

    ほら、そこの男子達。

    聞いてんの?

    DSC01459

    ベンチにバレンタイン特集のダテパー。

    「くれぬなら、くれてしまえチョコレート」

    これです。

    良くも悪くも「女子の心」には、残るはず。

    DSC01460

    焼き菓子。

    さて、ウチに女子は何人だったっけ?

    こんなこと言ったら殺されるな。

    ウチの「信長」に。

    買って帰りました。

    DSC01552

    マリオ家のガトーフレーズのショコラ・オ・レ。

    4個入ギフト仕様で、740円。

    自分の分もあるよ。

    DSC01555

    リフトアップ。

    バレンタインに食べるショコラは、
    美味い。

    決めた。

    嫁に行くまであげ続けるゾ。


    ガトーフレーズで1up


    ガトーフレーズ
    函館市富岡町2-66-2
    0138-84-6997

    DSC01492

    次回は、
    室蘭市絵鞆町@ファミリーレストラン若鶴!!

    謎の、かまくら編。

    函館のマリオです。

    先日、
    ドトールコーヒーショップ 函館ポールスター店。

    DSC01096

    2年ぶり2度目の登板。
    地図はコチラ

    昨日のいがら志さんの後、ルイさんがコーヒーを御所望。

    来たのはポールスターのドトールさん。

    そういえばまだWAKOがあった頃、函館のドトールは
    どちらかの「組」が運営してると聞きました。

    何年か前に一気に増えた函館のドトールですが、今は
    どうなってるのかは分かりません。

    DSC01099

    メニュー。

    店内飲食かテークアウトで税率が違う。

    最近騒がれなくなりましたが、一律料金のお店も
    多い印象。

    で、ドトールさんの席は満席。

    イートインでお願いしましたが。

    これってどこまでが店内なんだろう?

    DSC01103

    カウンターの調味料。

    持ち帰りの容器で受け取ったらアウトで、カップや
    グラスがトレーに乗ってたらインなのは当然として。

    受け取って、なんか不安定な席に着きます。

    DSC01104

    ルイさんのアイスカフェラテとマリオのソフトクリームは
    ミルクバニラ。

    合わせて、606円。

    なんか変なの。

    ドトールさんが悪いわけじゃなくて。

    この施策を考えさせた人に、問題はある。

    DSC01107

    リフトアップ。

    マックのワッフルコーンより、
    美味い。

    別物です。

    2人別々にドラクエウォーク。


    ドトールコーヒーショップで1up


    ドトールコーヒーショップ 函館ポールスター店
    函館市港町1-2-1
    0138-62-2277

    DSC01127

    次回は、
    函館市宮前町@中華 幡龍!!

    アフター函館の、峰不二子編。

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC09583

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    29年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第42回は、
    「弁慶力餅 三晃堂」さんを目指します。

    DSC09598

    本文の一部。

    創業明治40年。

    フルーツ大福うんぬんはともかくとして。

    桔梗のお店にも言及してる。

    函館食べたい読本ってホント。

    「あそこってそうだったんだ」の連発。

    だから惹きつけられるよな。

    そして2019年10月某日、「弁慶力餅 三晃堂」さんは。

    DSC09587

    普通に営業されてます。

    歌が聞こえてきました。

    弁慶力餅の歌が。



    弁慶力餅 三晃堂
    函館市松風町4番11号
    0138-23-XXXX


    蛇足ですが...6年前に伺った時の投稿はコチラ↓

    このページのトップヘ