函館のマリオです。

ここに一冊の古い本があります。

DSC01962

函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

30年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
販売された古い食のガイド本です。


前にどこかのサイトで読みました。

30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
お店が現存して
るなら。

そのお店は食べるまでも無く、名店。

ということで。

「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第79回は、
「 キヨミアンボックス 」さんを目指します。

DSC01965

本文の一部。

函館のこのあたりは西部地区と呼ばれているが、ここは
未開の荒野というよりも、ゴーストタウンのイメージ。

「西部地区再評価の機運を作り上げた」カウボーイ達。

函館食べたい読本ってホント。

心を砕いた記事がある。

だから惹きつけられます。

そして、2020年3月某日のキヨミアンボックス」さんは。

DSC01966

駐車場になって、その歴史に幕を
閉じられてました。

一抹の寂しさを胸に。

次の掲載店へ。


KIYOMIAN BOX
函館市末広町12番6号
0138‐23-XXXX


蛇足ですが...移転改名して大沼で営業されてた
お店は、2年半前に閉められたそうです。