函館のマリオです。

ここに一冊の古い本があります。

DSC08777

函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

29年前に「札幌青春街図」で有名な、亜璃西社から
販売された古い食のガイド本です。


前にどこかのサイトで読みました。

30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
お店が現存して
るなら。

その店は食べるまでも無く、名店。

ということで。

「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第17回は、
若松町の「ウィッシュボーン」さんを目指します。

DSC08778

本文の一部。

イタリア風ではなく、あえてヨーロピアンタイプ。

知ってるヨーロピアンが付く言葉なんて、
ヨーロピアンアッパーカットかヨーロピアンクラッチ。

あと、オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デスくらい。

函館食べたい読本ってほんと。

まだ見ぬ強豪に胸が高鳴る。

だから惹きつけられるな。

そして2019年8月某日、「ウィッシュボーン」さんは。

DSC08776

その歴史に幕を下ろしてました。

一抹の寂しさを胸に。

移転したとされる柏木町へ。

DSC08487

移転先のお店は、そば屋さんに。

寂しさ増して。

ちなみに手打ちそば いしくらさんの投稿はコチラ↓


美味い天ざるだったな~。

気持ちを切り替えてから。

最後に移転したとされる大町へ。

DSC08780

やっぱり、その歴史に幕を下ろしてました。

胸いっぱいの寂しさ。

次の掲載店へ。


ウィッシュボーン
函館市末広町10番19号
0138-27-XXXX


蛇足ですが...ウィッシュボーン名物のパングラタン、
どこかで食べた気がしますけど。